前へ
次へ

虫歯はプロに任せてケアしよう

家でのセルフケアも重要ですが、虫歯にならないためにはプロフェッショナルケアが必要です。
それは、歯磨きによる磨き残しの懸念があるからでしょう。
大人になってから、歯と歯と間に食べ物が挟まることに悩むようになります。
一番に、歯周病が原因で、歯ぐきが痩せてしまうことが上げられますが、早い段階で歯周病治療を行うことで悩みも解消されます。
また、歯と歯は適度な力、適度な面積で触れ合っていて、食べ物も挟まりづらくなっています。
奥歯、前歯、それぞれの歯は接触する部分が決まっており、被せ物をする際には、技師によって計算されて装着されます。
また、こうした被せ物、いつ治療した物でしょうか。
中には、被せている土台が虫歯になり、そこからぐらつき、食べ物が挟まりやすくなっている可能性もあります。
被せ物を外し、やり直すことで解決します。
また、虫歯の穴に食べ物が詰まることもあります。
自然治癒でどうにかできる問題ではないため、治療をしましょう。

Page Top