前へ
次へ

虫歯の治療は削らない時代になっている

子供のころに虫歯で歯医者に行った経験がある人は、独特の音を聞いて嫌な気分になったかもしれません。
その音は歯を削る音で、以前であれば虫歯の治療としてはその部分を削って削った部分に被せ物をすることが多かったようです。
今も銀色の被せ物が付いている状態の人もいるでしょう。
一度悪くなるとどんどん悪くなるので削って被せ物をした方が良いとの考えでその治療が行われていたようですが、今は少し治療方法が変わっています。
現在は進行状態を細かく分け、初期状態、中期状態、進行している状態などで治療方法が異なります。
中期状態ぐらいだと患部を削る治療になるのでしょうが、初期の状態だと削らないようです。
幹部があってもそのままにしてそれ以上広がらないような薬を使って様子を見ます。
その後再石灰化によって元に戻ればそれで治療完了です。
かつてであれば削って被せ物をつけられた治療でも、初期の状態なら何も被せない自分の歯の状態で治療を終えられるようになりました。

Page Top