前へ
次へ

虫歯にならない為の心構えとなってからの心構え

虫歯は長い時間をかけていつの間にかできているものです。
よって普段から歯磨きになどによるケアが必要となりますが、他にもあまり甘いものを口にしない様に心がけることが大切です。
また、歯磨きの仕方やタイミングも重要でして、例えば食事の直後は口の中が酸化しているのであまり歯磨きはしない方が良いと聞きます。
朝なら朝食の前、夜なら寝る前に歯を磨くのが良いのではないでしょうか。
その他にも、コーヒーや紅茶など常に何かしら口に入れている人は要注意です。
寝ている時間帯以外に歯を休めることも大切ですので、食事以外で食べたり飲んだりしている場合は、その生活習慣を変えていくべきでしょう。
気をつけていても虫歯になってしまった場合は、速やかに歯医者で診てもらった方が良いです。
遅れれば遅れるほど虫歯は悪化しますし、下手をすると健康な他の歯まで傷付けてしまうことになりかねません。
また、痛みが無かったり見た目に変化が見られなくても虫歯は進行していることがあります。
素人には判断できかねるケースもあるので、最低でも半年に一回は歯医者で定期的に診てもらった方が無難です。

Page Top